東京・大阪・名古屋・仙台・静岡・新潟・福岡・札幌で開催する「初心者向けWordPressを使ったホームページ制作の1日集中セミナー」です。

WordPressを学ぶ上でオススメの書籍5選

  • HOME »
  • WordPressを学ぶ上でオススメの書籍5選

WordPressを学ぶ上でオススメの書籍5選

書店でWordPressの関連書籍が置いてあるコーナーへ行くと、その種類の多さに、どの本を買っていいか迷ってしまいます。初心者向けと一口に言っても、WordPressに触れるのがまったく初めての人から、プログラミングの初心者までいますので、よく内容を確認して購入しないと後悔することもあるかもしれません。今回は、WordPressを学ぶ上でオススメの書籍5選として、HTMLやCSSといった専門知識がなくてもWordPressによるサイト構築や運用ができるようになるといった内容の初心者向けの書籍を中心にご紹介します。

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方

著者:石川 栄和(著)/大串 肇(著)/星野 邦敏(著)
出版社:インプレス

こちらの本は人気テーマ開発者の石川栄和氏、WordPress人気講師の大串肇氏、講師経験100回以上の星野邦敏氏の3名のセミナー経験豊富な著者たちが講師となって、やさしくWordPressの基本機能を解説してくれる入門書です。HTML、CSS、PHPなどの知識がない人でも、本格的なWebサイトを作れるように、実践的なコツを織り交ぜて丁寧に解説してくれているので、初心者でも安心して読める内容です。

WordPress解説書は、オリジナルテーマからのサイト構築がメインの内容である書籍も多いので購入の際は注意が必要です。WordPressを使ってみたいと考えている初心者は、オリジナルのテーマから自分で作りたいと思っているのではなく、既存のテンプレートを使ってサイト構築をしたいと考えている人が多いはずです。その点、本書では人気のテンプレートテーマである「Lightning」を使って説明してくれているので、WordPress2触れるのがはじめてという人でも、わかりやすい内容になっています。

また、講師と生徒との会話形式で解説が進んでいくので、長い文章を読むのは苦手という人にもオススメだと思います。例えば

生徒:「私、花屋をしているんですけど、もっとお店のことを知ってもらいたくてWebサイトを作りたいんです。」
講師:「花屋さんのWebサイトなら、お店の地図を掲載したページや、販売している花の写真が掲載されたギャラリーとかもほしいですよね」

といったように、生徒と講師の会話がふきだしを使って展開されるので、マンガを読むような感覚で読み進められるのです。サンプルサイトの画像をダウンロードすることも可能なので、素材の形式なども確認しながらWordPressを学ぶことができるのもうれしいポイントですね!

本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

著者:赤司 達彦(著)
出版社:SBクリエイティブ

HTML、CSS、PHPなどの専門知識がなくても、手順通りに操作するだけで本格的なサイトを作成できるようになっている本書は、WordPressがはじめての人や一度WordPressを触ってみたけど挫折したしまった人などに向けた入門書となっています。

丁寧で分かりやすい説明と、多くの図示によって、初心者でもしっかりWordPressの使い方をマスターすることができます。ドメインの取得やレンタルサーバーの加入・設定方法、WordPressをサーバーにインストールする方法など、WordPressを導入する前の準備についても丁寧に説明されているので、インターネット関連の知識そのものが不安という人も安心です。また、既存のテンプレートテーマをインストールしてサイト構築する方法を中心に解説されているので、HTMLやCSSなど一切わからなくても大丈夫。さらに、サイトの集客方法や分析方法、データのバックアップやパスワードの管理など、サイト構築後の運用や維持についても詳しく知ることもできるのです。

また、初心者向けの内容ですが、ショッピングカート機能をプログラミングなしで簡単に設置する方法について解説されているのが本書の特長の一つです。ECサイトは、通常のサイトよりも構築が難しいのですが、ビジネスでWebサイトを解説を目指す人にとっては知っておきたい内容ですよね。

加えて、パソコン&スマートフォンの両方に対応しており、定番のレイアウトは勿論のこと、トレンドのレイアウトについてもカバーしているので、今の時代にあったWebサイトが作れますよ。

小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう!

著者:星野 邦敏(著)/大胡 由紀(著)/吉田 裕介(著)/羽野 めぐみ(著)/リブロワークス (著)
出版社:技術評論社

HTMLやCSSなどの専門知識がなくて、Webサイトの開設や運用を任されるシチュエーションというのは、大企業よりも中小企業や自営業の方で起こりやすいと考えるのが妥当ですよね。本書は、そんな小さなお店&会社のためのWordPress入門書。

著者は、自社保有メディアのサイト運営によるインターネット広告事業、WordPressによるサイト制作事業を行う株式会社コミュニティコムの代表取締役である星野邦敏氏と、同社所属のスタッフ兼ライターである大胡由紀氏、プログラマーである吉田裕介氏、デザイナーである羽野めぐみ氏らと、IT関連の書籍で高い評価を得ているリブロワークスです。

WordPressを使用するメリットの一つはテンプレートが豊富なところでもあるわけですが、初心者にとってみれば、どれを選んで良いかわからなくなるといった意味で、かえって悩んでしまう部分なのかもしれません。そういった状況も解決してくれるのがこの本です。本書は、オリジナルの高機能なテンプレートが用意されているのが大きな特長の一つになっています。小さなお店&会社用に作られたテンプレートなので、Webサイトにどういうページが必要なのかよくわからないといった人にとっても非常に助かるポイントですね。

WordPressレッスンブックHTML5&CSS3準拠

著者:エビスコム(著)
出版社:ソシム

WordPress入門書のベストセラー。著者のエビスコムは、様々なメディアにおける企画制作・研究活動を世界各地のネットワークを駆使して展開し、コンピュータ・インターネット関係では書籍の出版を中心に活動する企業なので、本書の内容も基本から応用テクニックまで詳細に解説されています。

本書は、初心者から中上級者まで対応できるようにステップバイステップ形式の内容となっており、実際にサイト作りながらWordPressの使用法をマスターしていくことが可能です。初心者も対象としていますが、オリジナルのテーマからWebサイトを構築していく方法がメインになっているので、ある程度HTMLやCSSの基礎知識が必要になります。しかし、自分で0からコーディングする方法が学べるので、より高度なWordPressの機能を理解したいという人にとってはバイブル的な入門書になるでしょう。また、サイトの拡張やカスタマイズ方法など、実践手法も網羅し、スマートフォンに完全対応するためのテクニックも学べます。

本格的なWebサイト運用を任されているビジネスパーソンにとっては、様々なエラーの対策についての知識もある程度蓄えておきたいですよね。本書は、オリジナルテーマのサイト構築から解説されているだけに、そうしたトラブルシューティングに関しても役立ちます。

2014年に出版された本なので、最新バージョンの機能についてはネット等の情報で補足していく必要がありますが、HTML、CSS、PHPなどのプログラミングから解説されているので本質的なサイト構築が理解でき、長い期間スパンで使えるレッスンブック。WordPressを完全マスターしたい人が最初に買う書籍としてもオススメです。

世界一わかりやすいWordPress 導入とサイト制作の教科書

著者:安藤 篤史(著)/岡本 秀高(著)/古賀 海人(著)/深沢 幸治郎(著)
出版社:技術評論社

著者には、フリーランスのデザイナー・エンジニアとして活動する安藤篤史氏、WordBench Camp Kyoto 2017実行委員長で、WordPressの開発やAWS上でのWordPressサイトの運用などに取り組んでいる岡本秀高氏、グラフィックデザイナー、クリエイティブ・ディレクターで、ウェブデザイナー兼プログラマの古賀海人氏、フリーランスのウェブデザイナーで多くのウェブサイト・ウェブメディア・モバイルアプリの設計・デザイン・CMS実装に携わっている深沢幸治郎氏という現場の第一線で活躍するWebクリエイター陣が集結。

15レッスンで基礎から応用まで一歩ずつステップアップして学べるのが本書の特長で、レンタルサーバーの選び方、WordPressの初期設定、テーマとプラグインによる外観カスタマイズ、プラグインによる昨日の追加といった初心者向けの基本的な事項から、ローカル環境の作り方、PHPを使ったオリジナルテーマの作成、テンプレートファイルの作成、テーマカスタマイザーの実装といった中上級者向けの内容までをカバーしています。さらに、サイトの広報と集客や運営と管理といったサイト構築後の運用方法についても解説されており、本書一冊でWordPressの使い方のほとんどを理解することができます。また、レッスン後に、勉強の成果を試せる練習問題つきなので、知識が身についたか確認することも可能です。

カバーしている範囲が広いので、どの本を買っていいか迷っている人、WordPressの関連書籍は1冊でいいという人、長期的に使える参考書を探しているという人などに、特にオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。WordPressに関する情報はWebを検索しても沢山出てきます。最新の情報や様々な事態における個々のケースに関しての疑問などは、Webで調べても良いかもしれません。しかし、お気に入りの書籍を手にとって読破してみることで、そのおおまかな全体像を把握できるようになると思います。もちろん、WordPressの機能を理解するためには、1冊の本だけでは足りないと考える人もいるでしょう。しかし、最初に手に取る1冊で、WordPressに対する取り組み方も変わってきます。自分の目的にあった書籍を選ぶことができれば、勉強が捗りますよね。本稿で、自分にはどの書籍があっているのかどうか参考にしてみてください!

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

他のWordPress講座・スクールの紹介

WordPressテーマ

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 2016 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.